ちゅる旅!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゅる旅!

アジアを旅する新米バックパッカーが旅するときに欲しかった情報を自分で書いてみた。

ラオスのスローボートで気を付けること

移動手段 移動手段-ラオス

早く乗り込むこと

早く乗り込んだ方がいいです。一時間前までがおすすめ

理由は主にエンジン音と良い席の確保。

後ろはエンジンがだいぶうるさいです。前の方は全然うるさくないので、トイレに行った時にびっくりしました。
席は前方を確保した方が絶対に良いです。前方は全く問題ないですが、後ろだと耳栓が必要なレベルでうるさすぎます。

また、早く乗り込むと川側の席を確保出来ます。写真を撮りやすいし、せっかく船に乗るなら川が良く見えるほうが良いじゃないですか。


ボートはかなり満員になるので、ギリギリに乗り込むと否応無しに後ろになったり、狭いところに座らなくてはならなくなったりします。
早く乗り込むのを強くおすすめします

f:id:tyuruyuuka:20160831230210j:plain

服装

長袖の上着があると良いかと思います。
私が乗った時には風が強く小雨も降って少し寒かったので。

トイレ

全ての船にあると思います。割と綺麗でびっくりしました。
(ボートの乗務員は船上で生活しているため、ないことはないと思われます)

通しのチケットの注意点

フアイサーイ→パークベン→ルアンパバーンのコースで乗る場合、パークベンまでで買っても通しで買ってしまっても値段は一緒。
でも、もしも気ままな旅をしているのならパークベンまでの分だけ買うのがおすすめ。


パークベンで二泊以上してしまうと、通しのチケットのパークベンとルアンパバーン間の分は無効になってしまうからです……!
もっと早くこの情報を知りたかったのは私です!!二倍払う羽目になって泣きそうでした……チケットはファイサーイ以外でも買えるので全く問題ありません!

ルアンパバーンからポーンサワンまでのバス

移動手段 移動手段-ラオス

ルアンパバーンからポーンサワンまでの、地獄と言われるバスの記録です。

最安チケット

買う場所


やはり、地元の人が使うチケットをバスステーションで買うのが最安です。
南のバスステーションで買えます。

値段


80,000キープでした。

当日購入可。私は前日に買いました。雨季で観光客が少ないからか、満席ではなかったです。

出発時間


8:30発8:00にバスステーションへ来るように言われます。ほぼ時間通りに出発しました。

ポーンサワン着は16:00頃でした。

バスステーションまで


バスステーションまで、ナイトマーケットから3キロほどあります。
雨のためやむを得ず乗ったトゥクトゥクは20,000キープ
買いに行くのにもトゥクトゥクを使うのだったら、ピックアップ付きのチケットを買った方が安い場合もあると思います。

バスに乗ってから

バス


ミニバンでした。やっぱりちょっと古かったですけど。
窓が開けられたので、外の空気を吸えて良かったです。

休憩


トイレ休憩が2回昼ご飯休憩もあります。

トイレ休憩は、野原です。
女性の方は、出来る限りスカートで行くべきです。持っていない方は、巻きつけるスカーフや布があれば、草の中に入らずにすみます。

その他


昼ご飯休憩で、お菓子は買えます。が、他の休憩では果物等しか買えませんので、スナックなどを食べたい方は持って行った方が良いでしょう。

地獄ですか……?


実際に乗ってみて、地獄とは感じませんでした。理由は幾つか考えられます。

①早めに行って前の席を確保した
②一緒に乗っている人が優しくてリラックスできた
③窓を常に少し開けておいた
④雨季のため、雨と霧にあった結果、バスのスピードがあまり出なかった


しかし、急カーブという概念しかない道でした。これは本当です。ポーンサワンに近付いてから、やっと真っ直ぐという道が出てきました。
あ、でも、調べた時は舗装されていないという情報もありましたが、全部舗装されていました!デコボコはなかったです。でも、急カーブという概念しかないです。マジで。


ポーンサワンからビンまでのバス

移動手段 移動手段-ラオス

ラオスのポーンサワンからベトナムのビン(ヴィン)までバスで移動しました。

乗る込むまで

チケット

私は前日のうちに買っておきましたが、当日購入可
値段は150,000キープでした。

バスステーション

ポーンサワンにはバスステーションが幾つもあるので注意です。
ビン行きのバスステーションは、一番西のバスステーションです。

バスステーションまでの行き方

私は乗る前日に歩いて行きました。が、遠いです。
トゥクトゥクはゲストハウスがある中心部からは一人だと20,000キープ。それ以下は難しいかと。

売店とトイレ

お菓子と飲み物程度なら朝早くでもバスステーションの所の売店で買えます。
が、きちんとした朝ご飯は出来れば町中で済ませるか前日の夜に買っておいた方が良いです。

トイレは2,000キープで売店の隣にあります。

運行

運行日

火・木・金・日曜のみ。

出発時間

6:00出発ですが5:30に来るようにと前日チケットを買った時に言われました。
実際は5:30に出発しました。

バスの種類

スリーピングバスでした。
大きくて酔いにくく、助かりました。

休憩

トイレ休憩

トイレ休憩が2回ほどありました。

お昼休憩

ベトナムに入ってから食堂の前に停まり、お昼休憩もあります。
ここのトイレは割と綺麗でした。

注意点(女性向け)

持っているのならスカートで乗り込みましょう。

途中、トイレ休憩がありますが、ただの道路端の草の生えている所です。パンツスタイルだと捲くらねばならず、草の中に入らなければなりません。

大きめのストールなどあれば、それで隠してもいいかもしれません。

イミグレーションと両替

ベトナム出国の航空券の提示は求められませんでした。
むしろイミグレの役人は親切でした!


ラオス出国側に両替屋があったので両替しましたが、そんなにレートは悪くありませんでした。
ベトナム入国後には闇両替がいて、地元の人は皆そこで両替していました。