ちゅる旅!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゅる旅!

アジアを旅する新米バックパッカーが旅するときに欲しかった情報を自分で書いてみた。

ウランバートルでの中国ビザ申請

中国ビザ申請に必要なもの


パスポート(コピーも持っておいた方が良い)
申請書(ネットでダウンロード可)
顔写真(背景は白)(一枚)
ホテルの予約証明書
チケットのコピー
申請料(通常は30ドル)

ホテルのインビテーションレターは不要


インビテーションレターは不要。ただし、予約証明書が必要

あくまでも予定ですので、キャンセル無料のところで予約して、キャンセルすれば大丈夫ですね!

Agodaだと、予約証明書がPDFで送られてくるのでおすすめ。


私は全日程(30日分)の5軒の証明書を持って行きました。

航空券もキャンセルできる


JALで「full flex plus」というクラスを選択して予約すれば、キャンセルしても全額戻ってきます。
払戻手数料は一切掛かりません!(JALと実体験で確認済み)
ただし。その分お値段高いです。クレジットカードの限度額には注意してくださいね。


なお、出国はウランバートルからザミンウードまでの列車のチケットで良かった、という情報もネット上にはありました。

写真


背景は絶対に白

ただし、国内申請等と違ってサイズはそんなに厳しくチェックされていなかった印象。


申請書に貼り付ける一枚のみで良いです。

今までの方法


事前に調べて情報では、

・UBゲストハウスで中国のホテルのインビテーションレターを発行してもらえる
AIR MARKETでフェイクの航空券を作ってもらえる

ということだったんですが、今はどちらも非対応でした……(泣)


AIR MARKETでフェイクを作ってもらわなくても、自分で予約してキャンセルして、PDF編集してフェイクを提出しても私はバレませんでした……

注意!!


私、自分でPDF編集してフェイクのチケット提出したのは別に問題なかったんですが、日本発で往復することにしてたんです……
「日本で取れ」
と言われて取れませんでした……(泣)


航空券を提出する場合は、モンゴル発で!!モンゴル発で取りましょう!!
もしくは列車のチケットが良いと思います。


それから、航空券の日付と最大滞在日数(30日)は合わせる方が良いそうです。

大使館の営業日


ビザの申請は月・水・金の9:30〜12:00までです。
受取は同じ曜日の16:00〜17:00だったかな。

中国の祝日はチェックしてから行きましょう。

費用


4営業日後(一週間後)は30ドル
当日発行や2日後発行もしてもらえるみたいです、お金を積めば。

支払い


振込用紙をもらえたら、銀行に行って手続きする必要があるそうです。
大使館の中に詳細も書いてあったので、取れた際はそちらを参考に。