ちゅる旅!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゅる旅!

アジアを旅する新米バックパッカーが旅するときに欲しかった情報を自分で書いてみた。

物乞いと私

2日連続で子どもの物乞いにまとわりつかれた。


昨日は右手のただれた男の子だった。火傷なのか何なのか分からない。赤黒い手の甲を見せながら反対の手を出すその子に5メートルほど追いかけられた。
モール前の警備員が声をあげて追い払ってくれた。私はお礼を言うべきか分からずに、無表情のままホテルに帰った。

今日は二人の女の子だった。私をツンツンとつつきながら、50メートルは追いかけて来ただろうか。
私が駅のオフィスに入くと流石に帰って行った。私は振り返れなかった。


与えた物乞いとそうではない物乞いと、どう違うのかと聞かれると答えられないから私は何も渡さない。
けれど、あなたと私はどう違うのかと聞かれても私は何も答えられない。


インドでは物乞いが多い。
そして彼らは必ず私に声を掛けてくる。
そして私は彼らを見ず、聞かず、その前を通り過ぎる。