ちゅる旅!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゅる旅!

アジアを旅する新米バックパッカーが旅するときに欲しかった情報を自分で書いてみた。

シアヌークビルからバッタンバンまでのバス@プノンペン経由

シアヌークビルからシェムリアップバッタンバンへ行くには、プノンペン経由のバスしかないそうです。。まじか。。

シアヌークビルからもう一度鉄道でプノンペンまで行っても良かったんですけど、高いのと一泊しないといけないのでやめました。
素直にバスです、はい。

なお、バッタンバンまででも、シェムリアップまででも、料金は同じだそうです。

最安チケット

キャピトルツアー

チケットは、シアヌークビルのキャピトルツアーのオフィスで取るがやっぱり一番安かったです。
指定席で、どこの席がいいか選べます!

値段

プノンペンまで2,000リエル(5ドル)プノンペンからバッタンバン(シェムリアップ)までが2,200リエル(5.5ドル)合わせて10.5ドル
他は15ドル〜だったので、即決しました。

時間

7:00発でした。
が、これは一日でバッタンバン(シェムリアップ)まで行く場合。プノンペンまでなら夜もあるはず。

プノンペン着が12:30で、プノンペン発が13:00。バッタンバン着は19:00過ぎでした。

注意点

オフィスに6:45集合。
ゴールデンライオンから2キロ離れていますが、ピックアップはありませんでした。
他の所でチケットを取るとピックアップもあるはずです。
が、トゥクトゥクバイタクでも1ドル〜2ドルで行けるはずなので、それを入れても安いかもしれません。(しかしチケットを取るための往復もトゥクトゥクで行くならば、結局15ドルでも同じ計算ですね)

乗り換え

プノンペン着が12:30。キャピトルゲストハウスの前に停まります。
そこからバスを降りて、オルセイマーケットの方へほんの少し歩いたバス乗り場。所要時間10秒。
予約の際には、プノンペンまでのチケットと次の目的地までの予約書を貰いますが、それはチケットではないので、そこでチケットへ替えてもらいます。
チケットが貰えたら、あとはバスに乗り込むだけ!

その他

トイレ休憩

トイレ休憩はシアヌークビル‐プノンペン間で2回(8:30と9:30)、プノンペンバッタンバン間で2回(3:00頃と4:30)ありました。
きちんと個室ですので、女性もパンツスタイルで大丈夫です。
また、乗り換えの場所でもトイレ貸りられました。

ご飯

朝ご飯は、9:30頃、トイレ休憩も兼ねて食堂で停まるのでそこで食べられます。
が、問題は昼ご飯!これが乗り換えの時はぎりぎりです。キャピトルの前でパンなどを買うか、持っていくのがおすすめ。
おやつ・飲み物は休憩の場所で売っているので問題なし。