ちゅる旅!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゅる旅!

アジアを旅する新米バックパッカーが旅するときに欲しかった情報を自分で書いてみた。

マレーシア旅行記の④

私以外が読んでもつまらない可能性大。でも載せときます。

①はこちら

②はこちら

③はこちら


2015/12/12
朝ご飯を食べたあと、コタキナバルへ鉄道で移動。
ボーフォート家族と12/20にガヤ・ストリートで会う約束をする。
タンジュンアル駅まで4.8RM。そこからバス乗り場でガヤストリート!と言ったらお兄ちゃんがバスを使って乗せていってくれるが、20RM。タクシーかよ。バスにどこ行くのか聞けば良かった、後悔。

宿はトロピカーナロッジの向かい、バックパッカーズロッジが18RMなのでそこに泊まりたいと思ったら、どうやら工事中。
泊まれないとのことで前回と同じトロピカーナロッジへ。一泊20RM。


12/14
お土産を買い求め始める。パイナップルジャムは探したけどなかった。現地の布、それにジュース。
夜はお気に入りの食堂でご飯。



12/15
妹へのお土産はリュック。ショッピングモールもいくつか見て回る。クリスマスセールで18RMと激安。


12/19
日本語で電話がある。ロッジのオーナーがクリスマスパーティーに連れて行ってくれるとのこと。奥さんが日本人だから少し喋れるみたい。
4時になり迎えに来てくれる。
奥さんと子どもは日本にいるらしく、もうすぐ自分も日本へ行くのだと言っていた。村のクリスマスパーティーで、小さい規模だけれどもご飯も飲み物も自由に飲食できる。


このオーナーがまたビールを飲む飲む……瓶4本は一人で空けていたと思う。飲酒運転で私を送ってくれたのだが、飛ばす飛ばす……スピードは100キロ超えていて、怖すぎた。ゆっくりと言えば言うほど飛ばす酔っ払い。車の間を高速で飛ばすので本当に死ぬかと思った。


12/20
ボーフォートの家族と11時にガヤ・ストリートで待ち合わせ。サンデーマーケットがあるから人が多い多い。やっと見つけられた。
お昼ご飯食べて(やっぱり払わせてくれない)、サバ州の博物館へ連れて行ってくれた。歴史や民族、貿易、自然について見られる場所。広く、展示も工夫してあって楽しかった。
夜は噴水のショーを見に行った。日頃の自分では考えられないほど歓声をあげた。




翌日の朝、空港まで送っていってくれるとのこと。ありがたすぎる。


12/21
日本へ帰る日。朝7時にボーフォート家族がロッジに迎えに来てくれた。
コタキナバル発クアラルンプール行9:45の便。預け手荷物の重量オーバーで四苦八苦。何とか制限内におさめる。
お昼に着いて、15時に関西国際空港へ出発。
22時半頃について、空港泊。3時間しか眠れなかった。


12/22
朝になり、もう一度最後の飛行機に乗る。さらにバス。バス停まで迎えに来てもらって、ようやく実家へ辿り着く。




※旅に関しては、カテゴリにもまとめてあります。「旅の行方